未分類」カテゴリーアーカイブ

近い場所にいる弁護士

更に交通事故に遭遇したとき、弁護士費用をお得にする方法はあるのでしょうか。そのとき、できるだけ居住地の近くに事務所をかまえる弁護士に依頼するというのも方法の一つです。交通事故の問題で、弁護士にお願いするとき、できるだけ近い場所に事務所をかまえる弁護士に依頼することにより、弁護士費用の「実費」の方を抑えることが出来ます。

大阪に住んでいる方々が、東京の弁護士がいいという情報によって依頼すればどのようなことになってしまうのでしょうか。弁護士は、電話による依頼でも、必要書類などの送付をメインに進めてもらうことも可能です。しかし、遠方であることで、実費、特に交通費や日当というものにかなりお金がかかってしまうリスクを抱えています。

被害者のケースですが、最近では相談料や着手金は無料という弁護士も増えて来ているというものの、実費が無料ということではもろちんありません。そのようなことまで考えて私達は弁護士依頼をしなければなりません。

地元にあなたの信用できる良い弁護士がいないというのなら仕方ないのですが、出来る限り、 地元を意識して、弁護士の選択をしたいものです。更に、法テラスの弁護士費用立替制度を利用するというのも、お得な方法です。「民事法律扶助」という制度には、弁護士費用が支払えない場合に一時的に弁護士費用を立て替えてくれる仕組みがあります。

弁護士費用特約

交通事故を起こしてしまった、あるいは被害にあった場合、もっと賢いモチベーションによってお得な体験ができるかもしれません。 弁護士の存在はまだまだあなたにとっても敷居の高いものなのではないでしょうか。

しかし、弁護士の人たちも商売をしている訳ですし、お客様離れがあっては困るということで、法律相談自体は以前より安くなって来ているようです。やっぱり、いざというとき、弁護士という存在は私達にもっと身近であって欲しいと思いたいです。

出来るだけ交通事故のとき、弁護士費用を抑えるコツはあるのでしょうか。相談料が無料の弁護士事務所を選ぶというのも方法です。更に、もう一つ、弁護士費用特約を利用するという方法があります。弁護士費用特約とは、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼したときに、弁護士費用が300万円まで、相談料も10万円まで保障されるという、任意保険のオプションです。弁護士費用特約をうまく利用すれば費用は大きく削減できるのですが、費用倒れになってしまうリスクもあるので注意をしましょう。

そこで、費用倒れが何かというお話しもしておく必要があります。一般的に言う費用倒れとは、弁護士の介入によって増額する賠償金よりも、弁護士費用の方が上回ってしまうことを言います。

着手・相談が無料の弁護士

交通事故に起こしたとき、被害にあった時、はじめてのことばかりで何をどうしていいかが判らないというのがほとんどです。やっぱり弁護士は交通事故を起こして困っている人たちを救うプロフェッショナルなのです。しかし、こんなにも料金が高いのなら、実際に依頼したくても依頼出来ない人たちが多いのではないでしょうか。

今までの弁護士事情は、賠償金が増額しなくても、着手金・相談料で費用がかかる料金体系が一般的だったのです。しかし、それでは 着手金・相談料が払えないから弁護士に依頼することが出来ないという人たちのために、 交通事故被害者の場合は成功報酬のみ(後払い)OKの弁護士も段々と増えては来ているようです。

まず、相談料が無料というのがとても心強いです。交通事故にあってしまった時は大変心細いはずです。怪我をしてるなかで保険会社や警察とのやりとりは精神的に負担になります。そんな時に、法律のプロに相談できるのはとても心強いと思います。何度相談しても無料と謳っている法律事務所もありますので、遠慮なしに使っていきましょう。相談していくなかで、良い弁護士と出会うことが出来たら、依頼をしてみると良いと思います。結局は人と人の話しですので、今後しばらく付き合うのですから、より相性の良い弁護士に依頼をしたほうが良いでしょう。

関連リンク-交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

そして着手金も無料としている法律事務所もあります。その場合、成功報酬が通常より若干高く設定している場合がありますので、しっかりと確認しておくと良いでしょう。しかし、成功報酬が多少高くなったとしても、事故に合って精神的に追い込まれている中で依頼する側の心情を考えると、相談料・着手金の前金が全くなく、慰謝料が増額して初めて費用が発生するという方が良いと思っている人たちが多いようです。

交通事故の場合

事故を起こしてしまった、あるいは被害にあったとき弁護士にお願いすればどの程度お金がかかってしまうものなのでしょうか。とても気になる問題です。弁護士って、多くの人たちがその名前を知っていますが、ほとんどのケース、日常生活において弁護士とは関わり合いがないので、何もかも判らないというのが正解です。

正式に弁護士にお願いするという場合、まず、「着手金」というお金を用意しなければなりません。交通事故は基本民事事件であり、相場はだいたい20万円程度だと言われています。ちょっと高いと思ってしまうでしょうか。初動の活動費として既に、これだけのお金を支払いしなければなりません。

弁護士と契約をして、着手金を支払いすればクライアントとなり、弁護士は活動をスタートすることになります。極々一般的な弁護士という場合では、 着手金 20万円程度であり、相談料 は30分5,000円(税別)、 そして成功報酬は、賠償金(慰謝料)アップ分の10%程度 です。

更に交通費や調停・訴訟にかかる印紙代、切手代などの経費、または出張旅費などの実費の支払いをしなければなりません。一般的に弁護士にはこの程度のお金を支払いしなければならないものと考えてください。

しかし、事故を起こした場合は、非常にケースバイケースであって、事件ごとに交渉期間や賠償金額が変わって来たりします。しかし、多くの人たちがこのことを知り、高いという感想を持つはずです。もっと安くなければ、弁護士に相談などできないという不満の声も聞こえてきます。