交通事故の場合

事故を起こしてしまった、あるいは被害にあったとき弁護士にお願いすればどの程度お金がかかってしまうものなのでしょうか。とても気になる問題です。弁護士って、多くの人たちがその名前を知っていますが、ほとんどのケース、日常生活において弁護士とは関わり合いがないので、何もかも判らないというのが正解です。

正式に弁護士にお願いするという場合、まず、「着手金」というお金を用意しなければなりません。交通事故は基本民事事件であり、相場はだいたい20万円程度だと言われています。ちょっと高いと思ってしまうでしょうか。初動の活動費として既に、これだけのお金を支払いしなければなりません。

弁護士と契約をして、着手金を支払いすればクライアントとなり、弁護士は活動をスタートすることになります。極々一般的な弁護士という場合では、 着手金 20万円程度であり、相談料 は30分5,000円(税別)、 そして成功報酬は、賠償金(慰謝料)アップ分の10%程度 です。

更に交通費や調停・訴訟にかかる印紙代、切手代などの経費、または出張旅費などの実費の支払いをしなければなりません。一般的に弁護士にはこの程度のお金を支払いしなければならないものと考えてください。

しかし、事故を起こした場合は、非常にケースバイケースであって、事件ごとに交渉期間や賠償金額が変わって来たりします。しかし、多くの人たちがこのことを知り、高いという感想を持つはずです。もっと安くなければ、弁護士に相談などできないという不満の声も聞こえてきます。